アウトドアフィットネス

「アウトドアフィットネス」とは

OUTDOOR FITNESS

「街全体がフィットネスクラブ」

アウトドアフィットネスとは、 地域の自然資源や遊休地を活用した
「生涯スポーツ」を提供し、健康的なライフスタイルまで創造すること。

続けること・・・トレーニングは薬と違い、続けないと効果が出ません。

“室内の単調な運動では長続きしなかった。”という方は、ぜひ「アウトドアフィットネス」を取り入れてみてください。 遊びながら、気づいたら健康に。心の開放感もプラスされます。

「自分のいのち、社会のいのち、地球のいのち」

「自分のいのち」

Personal Vision ウェルネスデザイン〜
フィットネスは薬と違い「継続」しなければ効果がでません。
アウトドアフィットネスとは、安全で効果的に美しい自然の中で楽しく「続けること」
遊びながら、気づいたら健康に。心の開放感もプラスされます。

「社会のいのち」

〜Social Vision コミュニティデザイン〜
地域の魅力にもう一度光を当てる。巨額のインフラに頼ることなく「アウトドアフィットネス」で地域に活力を。地域の価値と魅力の向上を。

「地球のいのち」

〜Global Vision 環境マネジメント〜
自分のいのち」 を考えることが、「社会のいのち」につながり、さらには「地球のいのち」をも救うムーブメントになってゆくこと。つまりアウトドアでの健康増進が「自然を守ろう」という環境意識につながり、環境保全に広がっていくこと。

健康増進、地域活性、環境保全という3つのテーマの融合をはかり、各地で「その地域ならではのフィットネス」が広がってゆきます。

アウトドアフィットネス「3つのビジネスメリット」

アウトドアフィトトネスは、時代を先取りした魅力的なビジネス

アウトドアフィットネス
ストック型の安定した収益
安定した収益
会員制ビジネスの収穫逓増型で、支出が初年度から大きく変化するものではなく、損益分岐点を超えると安定的に収益(会費収入)が向上。アウトドアレジャー産業において唯一の会費収入を実現可能。
少ない初期投資
少ない初期投資
マシンやインフラに頼らないアウトドアフィットネスは、イニシャル・ランニングとも低コストでの導入が可能。
ニーズにマッチした集客
ニーズにマッチした集客
2007年以降、健康フィットネスニーズやライフスタイルは潜在的に変化しており、人々はさらなる気持ち良さを求め「外」に向かっており、2020年東京五輪の影響を受け、多くの集客が可能。